ハネビロトンボ

今年も10月中旬の遅くまで観察することができております。
ハネビロトンボは幼虫が冬を越せないと考えられており飛来種として扱われていますが、この大牟田市の池では5年連続で観察しているので土着していると思われます。

これは隣町の荒尾市にある海岸べたの小池を飛翔していました。
s-ハネビロトンボ♂

s-ハネビロ♂♀







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尻切れトンボ

Author:尻切れトンボ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR