オオルリボシヤンマ

朝の用事が早く終わったので阿蘇、久住方面へ出かけてみました。
昨年まではオオルリボシヤンマが観察できるポイントがあったのですが、今年は干しあがって池が消えてしまったので新たな観察ポイントを探す目的もあります。寒冷地の平地などでは普通に見られるようですが九州では高標高地に限られ局地化してるようです。
山間部の植生豊かな池沼に生息するので地図帳より該当するような場所をマッピングして出発しましたが、最初に寄ったポイントで運良く観察することができました。
♂は周囲をパトロールして飛翔ばかりなうえにギンヤンマがくると追っかけられて場外へと飛び出して暫らくは帰ってこないので撮るのには辛抱が必要なようです。
♀の産卵も昨年に続いて観察できました。
昨年の参照記事はコチラです

オオルリボシヤンマ♂
s-オオルリボシヤンマ♂a

s-オオルリボシヤンマ♂e

オオルリボシヤンマ♀産卵
s-ルリボシヤンマ4

オオルリボシヤンマ♀産卵後の飛翔です
s-オオルリボシヤンマ♀b







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尻切れトンボ

Author:尻切れトンボ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR