オナガサナエ

暑いので八女市郡部の川で涼をとろうと思って日陰げがある早瀬で憩いをとってると2種のトンボを発見です。
早速、撮影すべく近づいてみるとコオニヤンマと初撮りになるオナガサナエでした。
オナガサナエは未熟な間は川を離れ近くの山に移動して成熟すると川に戻ってきて♂は早瀬部分の石の上などに止まって♀の訪れを待つということなので暫らく観察するが♀は出てきてくれませんでした。
♀の産卵方法は飛びながら卵を落とす打空産卵であるようです。
平地や丘陵地、低山地の清流に生息し、成虫は6月上旬から10月初旬まで見られる。
名の由来は♂の尾の付属器が長いことから、尾の長いサナエトンボと言う意味で名づけられた。

オナガサナエ♂
s-オナガサナエ♂a










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尻切れトンボ

Author:尻切れトンボ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR