スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本命外す

今回の連休も野暮用があり時間があまり取れないので地元中心です。

まずは、去年、小規模な林内の細流で気になるトンボを観察していたので再確認のために出向くことにしました。
現地に着いて林内の細流をパトロールしているトンボを、すぐに発見するも今年は非常に遭遇率が高いミルンヤンマでした。それも、バトルして♂を追い出してる風景も見られたが、今回は時間がないので撮影は諦めて目的種を念入りに探索することにしました。
結果的には、発見することができませんでしたが、あと一回挑戦してみようと思ってます。

それからは、狙いをコバネアオイトトンボに切り替えて地元探索です。
絶滅危惧種でありますが、40~50年前には地元での生息記録が残されているトンボです。
しかし、昼間の暑さは秋に入っても半端ではなく汗ビッショリになりながらの探索なので、途中、休憩もかねて雑木林に退避です。そこには、木の枝などにぶら下がり静止していたり、パトロールしていたりする何頭かのカトリヤンマを観察できました。今度は♀の産卵狙いで夕方に訪れてみようと思ってます。
汗は止まりませんが、コバネ探索へと戻りますが、出逢うのはアオイト、オオアオイトばかりでした。
それも、アオイトは佃煮状態で、連結体も♀が産卵してる腹に前脚を差しのべている♂がいたりと、、、(笑)
残念ながらコバネは見つけられませんでしたが、ココも定期的に訪れてみるかと思いながら新規オープンしたばかりのラーメン屋へと立ち寄って帰ることにしました。


sx-カトリヤンマ5

sx-アオイト交尾

sx-オオアオイト8

*このコバネアオイトトンボ♂は、別の日に違う場所にて撮影したものです。
(三兄弟(オオアオ、アオ、コバネ)の眼の色を比較するためにUpしてみました)
sx-コバネ5791








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尻切れトンボ

Author:尻切れトンボ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。