スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハラボソトンボ、アオビタイトンボが土着

昨日は2時間ほどの自由時間があったので市内にある池へとマイコアカネ♂顔面の青白さ狙いで出かけてみました。
しかし、現地に着いてみると前回にも感じたのですが、今回も例年になくトコトンに草刈りがなされており何か嫌な予感が・・・
やはり、悲しくも予感が的中して、どこを探索するも1個体も見つけることができませんでした。
これに変わって生息数が多くなってるのが摂食が盛んなハラボソトンボです。マイコアカネ激減との因果関係があるのかもしれません。

s-ハラボソトンボ♂♀0909c

s-ハラボソトンボ0909a

s-ハラボソトンボ0909c

時間が限られてるので早々と引き上げる予定でいたが探索でかなりロスしたので、次のカトリヤンマ狙いを諦めて帰り道にある次の池へと移動してみました。
久しぶりに訪ねてみたら今までと様子が違ってトンボ活性化が高いのを感じたので良く見てみると、去年には♀を1個体のみ観察していたアオビタイトンボが、かなり多く生息しているではないですか。
ギンヤンマがパトロールしてるところに威嚇してるアオビタイもいたりして活性化十分でした。


s-アオビタイ0909

s-アオビタイ0909

s-アオビタイとギンヤンマ










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ハラボソにアオビタイ
南国化しているのでしょうか?
長崎では南部地域の一部でベニトンボが定着していますが、
カボスさんのエリアではいかがでしょうか?

沖縄のハラボソは俊敏でしたが、そちらで見られる個体も俊敏ですか?
それにしても、マイコアカネは心配ですね!
どこかで生き延びていてくれればいいのですが・・・。

これら新たな種が台頭することによって
影響を受け少なくなる種の状況把握を要観察しておきたいですね!

しかしながら、連結画像はナイスです!^^

ねぎトロさんへ

いつもコメント有り難うございます。
舞妓Haaaan!!!と呟きながら探索したのですが、あっけなく振られてしまいました。
マイコアカネは元々、個体数は多くなかったのですが来年は早めから定点観測しながら環境を
見守りたいと思っています。ベニトンボは熊本市で観察の情報は頂いてますが、まだココには
北上飛来していません。ハネビロもしっかりと土着など、南方系の棲息でやはりアカネ類への
影響が多いにあるようでノシメも激減しております。

佐世保地方ではアカネの発生状況はどうなんでしょうか。
プロフィール

尻切れトンボ

Author:尻切れトンボ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。