スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイリクアカネ他

秋は昼間は過ごしやすくても、朝晩は空気がヒンヤリとして、昼間と朝晩の気温差が大きくなる季節。
早朝は10度近くまで下がってトンボにも厳しい季節になってますが、まだまだ池に行けばギンヤンマが
交尾したり♂やハネビロがパトロールしていたりと、そこそこの賑わいが残っています。
そんな中で、スナアカネをAさんと注意深く観察してきました。
実は、「駆け抜けて秋津島 2012」のTAKI桃さんが先週、スナアカネを目撃・撮影されてあるのが掲示板で
公開されてますが、この数時間前に目撃地を探索していたのですが不覚にも見逃していたのです。
しかし、撮っているときはタイリクアカネと思っていたのがスナアカネと同じく迷入種であるタイリクアキアカネを撮らえていたようで破顔一笑しましたよ。
と、いうことで今回はスナアカネを重点的にということで翅端に黒褐色の斑紋があるトンボは、居ないが如くに振る舞う行為しながら二人で探索するも空振りに終わりました。
探索中には先週まで見かけたハラボソが居なくなっており、その変わりにと目立ったのはマイコが摂食している光景でした。


s-ギンヤンマ241028b

タイリクアキアカネ♂(確定)*読者のお二方より交雑体、タイリクアカネではとご指摘を受けました。
胸部の黒条から同定しましたが、前額と複眼の間の黒条が下方に切れ込むように伸びていないことなどからタイリクアカネと確定しました。改めてご指摘頂いたお二方に御礼申し上げます。
s-タイリクアキアカネ241021

タイリクアカネ♂
s-タイリクアカネ♂241028

タイリクアカネ♀
s-タイリクアカネ♀241028

コノシメ♂
s-コノシメ♂241028



















スポンサーサイト
プロフィール

尻切れトンボ

Author:尻切れトンボ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。